地域ニュース

【重富寛さんコラム】泡と人の向こう側<20> あなたの今にビールで乾杯(2018年5月25日掲載)

2020/7/16 21:05
「今」と向き合う時に飲むお酒はビールが最適。喜びに浸る時はもちろん、悔しさやつらさもグビッとのみ込んで、明るい未来への一歩を踏み出してください

「今」と向き合う時に飲むお酒はビールが最適。喜びに浸る時はもちろん、悔しさやつらさもグビッとのみ込んで、明るい未来への一歩を踏み出してください

 私のコラムも今回が最終回になります。これまでお付き合いしていただき、ありがとうございます。

 最後に「お酒と人生との相性」について紹介したいと思います。あくまでも重富の人生経験上の話なのですが、あなたの生活や仕事に少しでもお役に立てば、と思います。

 いつ、どんな時に、どの酒を飲むのか? というイメージをしたことがありますか?

 パーティーや結婚式の乾杯だと「シャンパン」のイメージがありますね。宴会の始まりは「とりあえずビール」。意識することが少ないのではないでしょうか?

 ココを少し意識すると、人生がちょっと良くなると考えています。

 ヒントは「お酒とエイジング」です。お酒を造るには時間が必要です。

 ビールであれば、短いもので数週間、通常の銘柄は2〜3カ月で出来上がります。

 このビールは、あなたの人生の「短期間」との相性が良いのです。

 1カ月前から数カ月先のあなたの人生を考える時に合うのです。たとえば、先週開催されたイベントの反省会とか、来月開催される事業のキックオフ会。でも一番相性が良いのは、今日ですね。

 仕事が成功した時の打ち上げや、逆に失敗した時のストレスとの相性は抜群です!

 つまり、数カ月前、数カ月後のことと向き合う時は短期間で出来上がるビールを。

 ではもっと昔のことや、将来のことと向き合う時にはどうでしょう。

 半年前や半年後を語るには、日本酒が合うような気がします。

 数年前、数年先のことを考えるのであれば、日本酒や焼酎の「熟成タイプ」。ワインなどが合う気がしませんか?

 12年前の過去と向き合う時、また12年後の未来を語る時、それは樽(たる)の中で熟成された1エイジング12年のウイスキーがよく合います。仲間と語る時は、ブレンドウイスキー、自分自身と語り合う時はシングルモルトウイスキー。

 子どもの20歳の誕生日に乾杯しようと、誕生年のワインを探す方がいらっしゃいます。

 これもお酒のエイジングのパワーで子どもの人生を豊かにしたい、よりよい未来が訪れてほしい親心の表れだと感じます。

 過去を振り返ることはできても、変えることはできません。未来は想像することは可能でも、手が届きません。やはり、あなたの人生において一番大切なのは「今」なのです。

 今と向き合う時、そこに「手入れの行き届いた1杯の生ビール」があれば。良いことはより良い形で、明日につながります。

 良くないことは、旨(うま)いビールでグビッと心地よくのみ込みましょう。それは腹の中で消化され、未来のあなたを育てる「糧」となるはずです。

 仕事終わりの1杯の生ビールが、明るい未来への一歩なのです。

 あなたの今日に、そして明るい明日に「乾杯」。(ビールスタンド重富店主=広島市中区)

■「泡と人の向こう側」は今回で終わります。

【重富寛さんコラム】泡と人の向こう側<1> 「秘伝」学んでおいしく乾杯(2017年4月21日掲載)

【重富寛さんコラム】泡と人の向こう側<2> 仕事後の一杯、大人に笑顔(2017年5月12日掲載)

【私の学び】重富酒店社長・ビールスタンド重富店主 重富寛さん おいしさ求め試行錯誤(2015年6月1日掲載)

【関連記事】酒店でちょい飲み「広島角打ち学会」結成 7月11日を記念日に 市内3店舗が催し(2014年7月10日掲載)

【関連記事】映画で浸る日本の麦酒史 広島のビールスタンド店主重富さん、東京で上映会 ゆかりの地巡り制作(2019年2月2日掲載)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧