• トップ >
  • トピックス >
  • 克行被告から現金受領の安芸高田市議3人辞職 「責任を重く受け止めている」【動画】

トピックス

克行被告から現金受領の安芸高田市議3人辞職 「責任を重く受け止めている」【動画】

2020/7/17 16:22

議員辞職し、記者会見で謝罪する前議長の先川氏(右)と前副議長の水戸氏(17日午前11時3分)

 昨年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、前法相の河井克行被告(57)=衆院広島3区=から現金10万〜20万円を受け取ったと認めた安芸高田市議会前議長の先川和幸市議(73)、前副議長の水戸真悟市議(71)、前予算決算委員長の青原敏治市議(69)が17日、議員辞職した。同事件で、現金受領を認めた広島県内の地方議員の議員辞職は、辞職意向の表明を含めて5人となった。

 3氏は同日、山本優議長(73)に議員辞職願を提出し、受理された。先川氏と水戸氏は提出後、市内で記者会見。先川氏が代表して辞職の理由を述べ「これ以上、市政運営や議会運営に混乱を生じさせてはならない。責任を重く受け止めている」と陳謝した。

 青原氏は中国新聞の取材に対し「後援会に進退を相談し、身を引くべきだという意見が出た。私自身も同じ思いを持っていた」と辞職の理由を説明した。

【特集】河井克行・案里夫妻 買収事件

関連記事「広島県北広島町議長が議員辞職へ 克行被告から現金受領」

関連記事「受領議員の辞職勧告決議案を可決 河井夫妻事件で呉市議会」

関連記事「【激震 前法相夫妻逮捕】地方議員「辞職の波」焦点 「受領」複数人、去就悩む」

関連記事「三原市長が辞職、克行容疑者から現金受領」




  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧