地域ニュース

おいしい生ビールの注ぎ方、動画で指南へ 広島のビールスタンド店主重富さん、CFスタート

2020/7/17
飲食店向けに、おいしい生ビールの注ぐノウハウを伝える動画制作に取り組む重富さん

飲食店向けに、おいしい生ビールの注ぐノウハウを伝える動画制作に取り組む重富さん

 新型コロナウイルス禍の中で苦境に立つ飲食店を応援しようと、広島市で人気店「ビールスタンド重富」を営む重富寛(ゆたか)さん(57)が、おいしい生ビールの注ぎ方のノウハウを紹介する動画を作る。17日、制作資金を募るためクラウドファンディング(CF)を始めた。生ビールの注ぎ分けで異なる味わいを生み出す重富さん。「みんなで飲食業界を盛り上げたい」と協力を呼び掛けている。

 動画の題名は「ビールチャンネル」。ビールサーバーの取り扱いや洗浄方法、注ぎ方のこつなど動画計12本(各10分程度)の制作を予定する。重富さんが実践を交えながら、長年培った技術や知識を伝える。8月末から動画投稿サイト「ユーチューブ」で順次公開する計画だ。

 CFの目標金額は300万円で1口2千〜15万円。8月31日まで、中国新聞社が運営するCFサイト「カナエンサイ夢」で募る。支援額に応じて特製のビアグラスやTシャツ、重富さんが出張してビールを注ぐ券などを贈る。

 重富さんは2012年、経営する中区銀山町の酒屋の一角でビールスタンドをオープン。こだわりの一杯を求め、県内外から客が訪れている。重富さんは「お客さんがおいしい生ビールで乾杯し、飲食店がにぎわってほしい」と願う。

 サイトのアドレスは https://kanaensaiyume.en-jine.com/
(城戸昭夫) 

【関連記事】生ビール、グイッと昭和初期 広島市中区の重富さんがサーバー修復、バー開設へ

【関連記事】映画で浸る日本の麦酒史 広島のビールスタンド店主重富さん、東京で上映会 ゆかりの地巡り制作

【重富寛さんコラム】泡と人の向こう側<1> 「秘伝」学んでおいしく乾杯

【重富寛さんコラム】泡と人の向こう側<2> 仕事後の一杯、大人に笑顔

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧