地域ニュース

住民の大半、浸水前避難 江の川や支流氾濫の川本町

2020/7/18 20:56
谷地区などの避難先となった川本小体育館(14日)

谷地区などの避難先となった川本小体育館(14日)

 島根県西部の江の川や支流の氾濫で14日午前に浸水した川本町では、町内で最も多い約20世帯が被災した谷地区をはじめ、住民の大半が浸水前に避難を終えていた。多くは「2年前の西日本豪雨から間がなく、早めの避難への意識が高まっていた」と話す。新型コロナウイルス感染症への対策では、分散避難後の連絡の取り合い方に課題が見えた。

 谷地区では、14日午前6時50分、78世帯152人に避難勧告が出された。同10時ごろには町中心部や避難先の川本小に通じる県道が漬かり、孤立状態となった。実際に同小に避難したのは最大14世帯22人だけだったが、町は「浸水した世帯の大半は避難していただいた」とみる。高台の住民は家にとどまったという。

 床上1メートル近く浸水した同地区の主婦(51)は、西日本豪雨で被災して以降、大雨の時は江の川の国土交通省川本水位観測所の水位をスマートフォンで小まめに確認するように。今回も、7メートルを超えたら避難の準備をしようと決めていた。

 午前4時40分に8メートルを超え、避難勧告が出る1時間以上前の午前5時半ごろには車で自宅を出発した。「これまでの避難行動は受け身だったが、水害に遭ってからは主体的に考えるようになった」と話す。

 自宅が1メートル以上浸水した瀬上英子さん(75)は、近所の住民に促され、午前7時半ごろに車で同小に向かった。「避難するほどではないだろうと思ったが、避難所までの橋が漬からないうちに動いた」。2年前は自宅2階で一夜を過ごし、1階が冠水して孤立。翌朝ボートで救助された。「早めに逃げて心配をかけずに済んだ」と振り返った。

 一方、新型コロナウイルス対策として町は分散避難を計画。指定避難所だけでなく親戚や知人宅、車中も避難先として検討するよう呼び掛けていた。今回、車中での避難を少なくとも6世帯12人確認したという。新型コロナやペット連れが要因とみられる。

 地元の谷自治会も午前7時台に、2年前に漬かった世帯を中心に1軒ずつ声を掛けて回った。子どもの家などに移って不在の世帯もあり、居場所の正確な把握が難しかったという。同自治会の桑本修輔会長(72)は「事前に避難先の聞き取りや連絡体制を整えてさらに備えたい」と話していた。(鈴木大介) 

関連記事「江の川氾濫、復旧に汗 江津、被災後初の週末」

関連記事「江の川流域25カ所氾濫 島根県西部、中国整備局確認」

関連記事「江津の企業へ相談窓口 中国経産局など、水害からの復旧支援」

関連記事「高校生も浸水復旧 江津でボランティア始まる」

関連記事「浸水家具など受け入れ 江の川氾濫、江津市や川本町回収」


この記事の写真

  • 矢谷川があふれ浸水する谷地区の県道(14日午前9時49分、川本町川本)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧

  • サンフレ、応援する喜び 5カ月ぶり、広島で観客解禁

     広島のファンの前に熱いサッカーが戻ってきた。エディオンスタジアム広島(広島市安佐南区)で18日、約5カ月ぶりに観客を入れて開催されたJ1サンフレッチェ広島の公式戦。駆け付けたファンは、新型コロナウイ...

  • シュモクザメ、呉で揚々 重さ15キロも捕獲

     呉市阿賀南の阿賀漁港の南東約7キロ沖で17日夜、体長約1・6メートル、重さ約15キロのサメが捕獲された。阿賀漁協によると、金づちのような頭部が特徴のシュモクザメで、人を襲う可能性もある。 小倉勲さん...

  • 江の川氾濫、復旧に汗 江津、被災後初の週末

     島根県西部の江の川流域が氾濫した災害で、被災後初の週末となった18日、江津市社会福祉協議会が開いた災害ボランティアセンターの復旧支援が始まった。ボランティア登録をした市民約20人が、民家や車庫の片付...

  • アイネスが大規模改装 今秋、商業フロアに出店相次ぐ

     福山市東桜町の再開発ビル「アイネスフクヤマ」が今秋、大規模な改装を計画していることが18日、分かった。2011年4月の商業フロア開業以降で最大規模になる見通し。8月30日で閉館する同市西町の大型複合...

  • 距離とって海開き 広島・坂

     梅雨前線が南下し、青空が広がった18日、広島県坂町のベイサイドビーチ坂海水浴場で海開きがあった。新型コロナウイルスの感染防止対策の準備で、例年より3週間ほど遅れた。家族連れが他の客との距離に注意しな...