地域ニュース

沼隈・内海の義務教育学校22年度開校に新校舎間に合わず 福山市教委、千年小中を仮使用へ

2020/7/21 9:59

 福山市沼隈町、内海町の7小中を統廃合し2022年度に9年制の義務教育学校を開校する計画で、千年中(沼隈町)に隣接して建設する新校舎の完成が間に合わないことが20日、分かった。利用開始は少なくとも9カ月は遅れる見通し。市教委は、義務教育学校は予定通り開校し、新校舎の完成までは千年中と近くの千年小の校舎を使うとしている。
(ここまで 160文字/記事全文 824文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧