地域ニュース

安佐市民病院跡地への教育機関の誘致不透明 広島市が調査、他分野の活用も探る

2020/7/21 21:05
跡地に教育機関を誘致する広島市の計画が不透明となっている市立安佐市民病院

跡地に教育機関を誘致する広島市の計画が不透明となっている市立安佐市民病院

 広島市が、2022年春に移転する市立安佐市民病院(安佐北区可部南)の跡地に、医療・福祉系の教育機関を誘致する計画が不透明となっている。跡地活用に関心を持つ業者への聞き取りを進めてきたが、教育機関設置を想定している業者はない。市は他分野の活用も探る方針でいる。

 市によると、民間業者を対象にした跡地活用の対話型調査には、市内の社会福祉法人と学校法人が参加。しかし、いずれも市が望む教育機関設置は検討していなかった。また、学校などの設置に必要となる、土壌汚染調査が必要な箇所が敷地内にあることも判明した。

 このため、市は教育機関以外の誘致も視野に検討している。具体的な分野などは決まっていないが、若者の呼び込みや、地域活性化につながる施設を目指す方針は変えない。地域住民への説明も始めた。

 区地域福祉センターで20日あった跡地活用推進協議会には、住民代表たち委員10人が参加。市地域活性推進課の浦川知己課長は「教育機関を公募しても手が上がるかは厳しい状況だ」と述べた。住民からは「地域の人が跡地に何を求めているのか意識調査をしてはどうか」「方針を変えるなら早くすべきだ」などの意見が上がった。

 安佐市民病院は22年春、荒下地区のJRあき亀山駅前に移転し、高度・急性期の対応に特化する。現在地の北館は安佐医師会が医師会病院を運営する予定。主に南館エリアの跡地について市は、広島県内に拠点を持つ大学や短大、専門学校などを運営する事業者に跡地への関心などを尋ねてきた。(重田広志)

関連記事「来院しやすく道路整備 北部医療センター安佐市民病院周辺」

関連記事「安佐市民病院跡地に学校想定せず」

関連記事「新たな拠点、着々 広島・安佐北」

関連記事「広島市立病院機構、4年ぶり黒字」


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧