• トップ >
  • >
  • 下流域バックウオーター、5カ所以上で発生か 江の川氾濫1週間

トピックス

下流域バックウオーター、5カ所以上で発生か 江の川氾濫1週間

2020/7/21 22:49

浸水した江津市桜江町小田地区。手前から奥に流れる八戸川の水が、水位が上がった本流の江の川(奥)にせき止められた(14日)

 島根県西部の江の川下流域で相次いで氾濫が発生してから21日で1週間となった。氾濫の多くは支流との合流地点で起き、県は本流が増水し、支流の流れをせき止めるバックウオーター現象が少なくとも5カ所で発生したと分析する。国土交通省浜田河川国道事務所は、広島と島根の両県の流域で広範囲に降った大雨で江の川の水位が上がったとの見方を示す。
(ここまで 164文字/記事全文 1067文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 水が引いた小田地区=21日午前10時7分(いずれも撮影・高橋洋史)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事