トピックス

河井夫妻への辞職要求 現時点で対応せず 二階氏

2020/7/22 14:45

自民党本部で記者会見する二階幹事長(中央)

 自民党の二階俊博幹事長は21日の記者会見で、連立を組む公明党の斉藤鉄夫幹事長(比例中国)が、自民党を離党後に公選法違反の罪で起訴された前法相の河井克行被告(広島3区)と妻の案里被告(参院広島)の議員辞職を要求していることについて、近く公判が始まることを理由に「慎重に見守る」と述べ、現時点で党として対応しない考えを示した。

【特集】河井克行・案里夫妻 買収事件


 河井夫妻は8月上旬にも初公判が予定されている。公判中も歳費が支給され続けることや、昨夏の参院選公示前に夫妻側へ提供した1億5千万円に関して説明を尽くしていない党本部の姿勢が国民の理解を得られるのかどうかを問われ、二階氏は「事態の動向、成り行きを慎重に見極めたい」と述べるにとどめた。

 大規模買収事件の舞台となった広島選挙区(改選数2)で自民党は現職に加え、新人の案里被告を党本部主導で擁立し、2人の公認候補が激しく争った。次の参院選で2議席以上が改選される選挙区への候補者擁立について、「今度のことがあったから、何かが変わることはない」と話した。(桑原正敏)

関連記事「決定権は「克行代議士」 元秘書公判、違法報酬巡り事務長証言」

関連記事「【克行前法相元秘書第3回公判】法廷でのやりとり詳報」

関連記事「北広島町の宮本氏が議長辞職 克行被告から現金20万円受領」

関連記事「大規模買収、激震なお 辞職ドミノどこまで」

関連記事「河井夫妻離党1カ月 二階派に党内不満、案里被告特別会員で所属したまま」


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧