• トップ >
  • トピックス >
  • 広島市立学校の感染者は南区の10代 市、校種など公表せず【動画】

トピックス

広島市立学校の感染者は南区の10代 市、校種など公表せず【動画】

2020/7/22 23:32

広島市立学校の感染者について説明する阪谷幸春・保健医療担当局長(左)と荒瀬教育次長(22日、市役所)

 広島市は22日、新型コロナウイルスの感染を21日に確認した市立学校に通う1人について、南区の学校の10代であることを明らかにした。症状は軽いという。小中高校などの「校種」については、校名が特定され、本人が中傷にさらされる恐れがあるとして公表しなかった。

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数


 市によると、この感染者は17日にせきや喉の痛みなどが現れ、20日に市内の医療機関を受診して検体を採取。21日のPCR検査で陽性と分かった。22日、舟入市民病院(中区)に入院した。17日と週明けの20日は体調不良で早退していた。

 発症前の2週間、海外への渡航歴や県外への滞在歴はなく、外出時はマスクを着用していたという。

 市が同居家族の濃厚接触者を検査した結果、全員陰性だった。家族の人数は明らかにしていない。その他の接触者は現時点で、担任教諭を含む教員数人とクラスメートたち計約80人とし、23日以降に検査する。

 市教委によると、22日にこの感染者が通う学校の消毒作業をした。濃厚接触者の確認などのため、同日から24日まで全学年を対象に臨時休校にした。再開時期は、接触者の検査結果などを踏まえて24日までに判断するとした。(久保田剛) 

関連記事「非公表「中傷を回避」 広島市と市教委、全学校に対策徹底通知」

関連記事「校名公表の判断分かれる 自治体コロナ対応、休校期間や範囲も」

関連記事「広島県内で計6人陽性 新型コロナ」

関連記事「広島県内で新たに7人感染確認 新型コロナ、広島4人・福山2人・府中市1人」

関連記事「広島県内新たに4人感染 1人は福山クラスター関連、新型コロナ」


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧