• トップ >
  • トピックス >
  • 朝、広島市から電話/まさか自分が… 新型コロナ感染の石橋県議一問一答

トピックス

朝、広島市から電話/まさか自分が… 新型コロナ感染の石橋県議一問一答

2020/7/23 23:11

 新型コロナウイルスの感染が判明した石橋林太郎広島県議が23日、中国新聞の電話取材に応じた。主なやりとりは次の通り。(東谷和平)

 ―PCR検査で陽性となるまでの経緯は。

 広島市から22日朝、携帯電話に連絡があった。20日に訪れた市内の飲食店の経営者の感染が判明し、濃厚接触者に当たるとの内容だった。昼すぎにPCR検査を受け、夜に陽性と分かった。その間、市の指示に従って自宅で過ごしていた。

 ―感染が分かった時の心境は。

 陰性になってほしいと祈るような気持ちで結果を待った。「まさか自分が」と驚いた。日頃からマスクの着用や手洗いは徹底し、県議会棟へ登庁する日は検温もしていた。ここ2、3カ月は県外に出ていない。

 ―飲食店での状況を教えてください。

 こぢんまりとした店。お酒を飲みながら、隣の席の友人や、カウンターを挟んだ経営者と歓談して1時間ほど過ごした。マスクは外していた。歌ったり騒いだりすることはなかった。

 ―症状は。

 全くない。嗅覚や味覚の異常もない。ただ、これから症状が出るのではないかと思うと不安だ。家族をはじめ、同僚の県議など、周囲にうつしていないかという心配もある。医師の指示で治療に専念する。 

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数

関連記事「石橋・広島県議が新型コロナ感染 陽性の飲食店経営者と接触」

関連記事「広島市立学校の感染者は南区の10代 市、校種など公表せず」

関連記事「広島県内で新たに7人感染確認 新型コロナ、広島4人・福山2人・府中市1人」

関連記事「福山でクラスター 市が国に対策班要請 接触者200人超す」


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧