• トップ >
  • トピックス >
  • 広島競輪場の従業員が新型コロナ感染 24、25日は無観客で開催 

トピックス

広島競輪場の従業員が新型コロナ感染 24、25日は無観客で開催 

2020/7/24 12:21

広島競輪場

 広島市は24日、広島競輪場(南区)の運営を受託する日本写真判定(東京)の従業員1人の新型コロナウイルス感染が判明したため、当面の間、客を入場させず閉場すると発表した。レース開催日の24、25日は無観客で開くとしている。

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数


 市競輪事務局によると、この従業員は車券販売などの現金の管理や場内の消毒を担当。感染者の濃厚接触者として22日にPCR検査を受け、同日夜に陽性と分かったという。競輪事務局の職員や選手とは「一切接触していない」としている。同競輪場は23日は観客を入れて開催していたが、従業員は21日から休んでいたという。

 閉場に伴い、他の競輪場の車券発売、払い戻し業務も中止する。次の開催日は8月9〜11日で、レースは開く方向という。

関連記事「広島県高校総体代替の自転車競技中止 競輪場の従業員が感染 選手や関係者落胆」

関連記事「福山市で新たに1人確認 新型コロナ」

関連記事「広島県で新たに16人、新型コロナ感染再拡大続く 1日の人数では月内最多、県内238人に【動画】」

関連記事「石橋・広島県議が新型コロナ感染 陽性の飲食店経営者と接触【動画】


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧