地域ニュース

廃校舎を交流工房に 笠岡の旧大島東小など事業者活用へ

2020/7/24 9:59
民間の工房として再活用する計画が動き始めた笠岡市の旧大島東小校舎

民間の工房として再活用する計画が動き始めた笠岡市の旧大島東小校舎

 2018年3月末で廃校、廃園となった笠岡市大島中の大島東小と隣接の大島東幼稚園の施設を、民間の工房として再利用する計画が動き始めた。木工、製帽などに携わる市内の事業者が、アトリエの開設や体験会の開催で、地域住民や観光客との交流を進め、地域への定住促進につなげようと構想。12月の開設を目指し、施設所有者の市とも協議を重ねてきた。
(ここまで 165文字/記事全文 747文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧