トピックス

広島県議や事務局職員、全員陰性 石橋県議感染でPCR検査

2020/7/24 13:38

PCR検査した広島県議と県議会事務局職員の全員が陰性だったと説明する中本議長(24日午後1時1分、県庁)

 石橋林太郎広島県議(42)=自民議連、広島市安佐南区=が新型コロナウイルスに感染した事案で、県議会事務局は24日、全県議64人のうち51人と、事務局職員17人をPCR検査した結果、全員が陰性だったと発表した。

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数


 県庁で記者会見した中本隆志議長は「検査した全員の陰性が分かり、ほっとしている。新型コロナは身近なところに潜んでおり、誰もが感染する可能性があると痛感した。今後も消毒の励行など感染予防対策に取り組む」と説明した。

 県議会事務局によると石橋氏は、市が22日に感染を公表した市内の飲食店経営者1人(性別や年代などは非公表)の濃厚接触者として同日にPCR検査を受け、陽性が判明。20日夜にこの店を訪れていた。症状はなく、23日に入院した。

 石橋氏は21日に県議会棟へ登庁していたため、県議会事務局は23日、同じ日に登庁するなどしていた県議51人と、事務局職員17人をPCR検査した。このうち19人(県議16人、事務局職員3人)の陰性は、23日夜に公表していた。 

関連記事「広島市で新たに6人感染 新型コロナ」

関連記事「福山市で新たに1人確認 新型コロナ」

関連記事「石橋・広島県議が新型コロナ感染 陽性の飲食店経営者と接触【動画】」

関連記事「朝、広島市から電話/まさか自分が… 新型コロナ感染の石橋県議一問一答」

関連記事「広島県で新たに16人、新型コロナ感染再拡大続く 1日の人数では月内最多、県内238人に【動画】」


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧