地域ニュース

難病で働く意義伝える 筋ジストロフィー患者が26日オンライン講演

2020/7/24 22:59
母校で働く藤島さん(左)。事務職の4人で最も若手で、学校のホームページ管理などを担当する

母校で働く藤島さん(左)。事務職の4人で最も若手で、学校のホームページ管理などを担当する

 難病の筋ジストロフィーで電動車いすの長期入院をしながら、母校の広島西特別支援学校(大竹市玖波)で働く藤島蒔史(まきし)さん(22)が26日、広島市安佐南区の社会活動団体によるオンライン講演会で障害者が働く意義について思いを話す。「働く自分を知ってもらい、障害者たちの視野を広げてほしい」と意気込んでいる。
(ここまで 153文字/記事全文 572文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 赤石理人さん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧