トピックス

10代感染の広島市立学校、授業など27日再開

2020/7/24

 広島市教委は24日、新型コロナウイルスの感染者1人を確認した南区の市立学校について、授業と部活動を27日から通常通り再開すると明らかにした。同居家族や同じ学校の子どもたちがPCR検査で全員陰性だったのを受けた。校内の感染防止対策をはじめ、子どもたちの心のケアやいじめ防止に力を入れる。

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数


 市教委によると27日の再開後は、朝の健康観察、1日1回以上の消毒、換気などを徹底する。不安を感じた子どもたちがいつでも相談できるよう、スクールカウンセラー1人を常駐させるほか、生徒指導やいじめ対策を担う2人を置く。校内消毒などを補助するスタッフ2人の配置も進める。

 PCR検査した学校の子ども68人のうち、濃厚接触者の51人には、感染者と最後に接触した日から2週間の自宅待機を求めた。パソコンやスマホの活用、プリントの持参などを通じた学習支援を検討するという。

 市役所で記者会見した市教委の荒瀬尚美教育次長は「いじめや差別、中傷などを防ぐ態勢を強化していく」と強調。不安や悩みを持つ子どもたちが安心して通えるよう努めるとした。

 市教委はこの学校について、小中高校などの「校種」は公表していない。22日から24日まで臨時休校とし、消毒作業を進めるなどしていた。(木原由維) 


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧