トピックス

三原で20代が感染 新型コロナ、広島県内で262人に

2020/7/27 21:51

記者会見で三原市の新型コロナ感染について説明する福永総括官(左)

 広島県は27日、三原市の20代の1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。軽症で、28日に県内の感染症指定医療機関に入院する。三原市の感染者は累計2人となった。

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数


 県によると、仕事の休暇中で県外に出ていた20日に発症し、その後、県内へ戻った。発熱や頭痛、味覚障害などがあり自宅療養。PCR検査で、27日に陽性と判明した。

 県庁で記者会見した県健康福祉局の福永裕文総括官は「多数との接触は確認できていないが、濃厚接触者を中心に割り出しを急いでいる」と説明した。

 県は新たな公表基準に沿ってこの感染者の職業や男女の別は公表しなかった。福永総括官は「今後、不特定多数との接触がある場合などは公表を検討する」と述べた。

 この日は広島市が2人、福山市が3人の感染を公表しており、再陽性を除く県内の感染者の累計は262人となった。

関連記事「福山市、7月2件目のクラスター 新型コロナ、市内の飲食店で8人感染」

関連記事「福山市で新たに3人感染 新型コロナ」

関連記事「広島市で新たに6人、福山は1人 25日の新型コロナ 広島県内の感染、7月は88人」

関連記事「校名公表の判断分かれる 自治体コロナ対応、休校期間や範囲も」


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧