トピックス

宮島競艇の収益25%増 19年度決算、648億6300万円

2020/7/28 20:59

ファンが増えているボートレース宮島

 廿日市、大竹両市でつくる宮島ボートレース企業団(廿日市市)は、2019年度事業会計決算を定例会で可決した。スマートフォンを通じて購入するファンが増えたため、事業収益は648億6300万円と前年度と比べ25・0%増えた。剰余金から廿日市市と大竹市に計9億5千万円を8月に配分する。

 企業団によると、19年度の純利益は22億8400万円で、前年度と比べて56・4%伸びた。新型コロナウイルスの感染拡大により2月末から無観客での開催となったものの、スマートフォンから参加する「電話投票」の拡大が寄与した。剰余金のうち廿日市市に約6億9500万円、大竹市に約2億5400万円を配分する。

 ボートレース宮島は1954年に開設し、利益の一部を廿日市市と大竹市に配分する。配分額は1980年前後に年55億円に達していたがバブル経済の崩壊後に急減。2000年からゼロ配当が続いたが、17年度に2億円を計上した。その後も施設の改修などを進め、ファン層が拡大して経営改善が進み、両市への配分が続いている。

 事業局の上田圭一次長兼経営管理課長は「より快適な施設づくりを進め、地元自治体の財政に貢献していきたい」としている。(東海右佐衛門直柄) 

関連記事「無観客でも売り上げ快走 コロナ禍の公営ギャンブル」

関連記事「徳山競艇売上高、過去最高641億円 19年度、ネット投票伸長」

関連記事「徳山競艇売り上げ最高 18年度 繰り入れ大幅増7億円」


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧