トピックス

藤岡氏、立候補を表明 三原市長選

2020/7/28 21:02

藤岡輝久氏

 天満祥典前市長(73)の辞職に伴う三原市長選(8月2日告示、9日投開票)に、イベント企画会社社長の藤岡輝久氏(50)=広島市安佐南区=が28日、無所属で立候補すると表明した。同市長選に立候補を表明したのは4人目。

 三原市内で記者会見した藤岡氏は、昨年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件に対する怒りが、立候補の動機と説明。「若者を中心に政治や選挙への無関心が広がっている。自分が行動を起こすことで、市職員や市民の意識を変えたい」と強調した。

 藤岡氏は広島市安佐南区出身、安西高卒。運輸会社社員などを経て、06年からイベント企画会社の社長を務めている。これまで三原市に住んだ経験はないが、祖父母が「戦時中に市内に疎開していた」とつながりを説明した。

 同市長選には、教育団体代表の岡田吉弘氏(35)、元市議の荒井静彦氏(68)、元市消防職員の角広寛氏(61)の3人が立候補を表明している。(馬場洋太)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧