地域ニュース

イノシシわな、センサー式 笠岡工高生製作、市に8月寄贈へ

2020/7/30 15:59
センサー式の箱形わなの仕組みを小林市長(手前右から2人目)に説明する笠岡工業高生たち

センサー式の箱形わなの仕組みを小林市長(手前右から2人目)に説明する笠岡工業高生たち

 笠岡工業高(笠岡市)の生徒たちが、赤外線センサーの感知で自動的に扉を閉めるイノシシ捕獲用箱形わなを製作した。地域からの注文を受け、学んだ技術を生かして物作りに取り組む「笠工テクノ工房」活動の一環。依頼を受けた笠岡市職員に、完成間近のわなを29日に同校で披露した。
(ここまで 132文字/記事全文 723文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧