• トップ >
  • トピックス >
  • 広島市の4人感染、1人はクラスター 新型コロナ、公表は21日連続【動画】

トピックス

広島市の4人感染、1人はクラスター 新型コロナ、公表は21日連続【動画】

2020/7/30 16:25

広島市役所で記者会見する阪谷幸春・保健医療担当局長(左)

 広島市は30日、新型コロナウイルスに新たに4人が感染したと発表した。うち1人はクラスター(感染者集団)が起きた接待を伴う飲食店の客だった。引き続き調査を進めている。市内の感染者の公表は21日連続。再陽性を除く感染者の累計は市内で185人、広島県内で300人を超えて302人となった。

 【グラフで見る】新型コロナウイルスの影響

 市によると、4人のうち1人の会社員男性はクラスターが発生した中区銀山町の「Ams(アムズ)」を16日に利用した。関東方面を訪問した23日に味覚や嗅覚の障害が出た。27日に広島へ戻って28日にコールセンターへ連絡。29日にPCR検査して分かった。クラスターは計21人になった。

 別の1人は30代男性で、29日に感染が発表された50代会社員女性の同居家族。東京から広島の実家に戻った20日に熱やせきが出た。

 この50代会社員女性は、23日にあった音楽イベントで市内のライブハウスを訪れていた。ライブハウスを巡っては、市は公表済みの1人も出入りしていたと説明した。

 残る2人のうち1人は無職女性で公表済みの感染者の濃厚接触者。もう1人は50代の会社役員男性で接触歴や県外の滞在歴はない。 

 【関連記事】
 広島市のクラスター20人に 市が店名公表、名簿で客追えず(7月29日)

 広島県内、新たに17人感染 広島13人、呉1人、福山3人(7月29日)

 マツダが感染対策強化 従業員のコロナ確認 部品メーカーも警戒


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧