トピックス

今季の梅雨、降水量平年の倍以上 8月は猛暑か

2020/7/30 22:47

 中国地方で30日に明けたとみられる今季の梅雨。異例の長梅雨で、平年の倍以上という記録的な降水量となった地点が相次ぎ、土砂災害など各地に被害をもたらした。期間中の降水量では、西日本豪雨が発生した2018年の梅雨時期より多かった地点もあった。8月は太平洋高気圧とチベット高気圧の「ダブル高気圧」が日本付近に張り出し、平年より厳しい暑さになる可能性がある。気象庁は熱中症への注意を呼び掛けている。

 中国地方が梅雨入りしたのは6月10日ごろ(山口県は6月11日ごろ)。梅雨明けは広島、岡山、島根、鳥取の4県では過去6番目、山口県では過去5番目に遅かった。

 梅雨入りから29日までの降水量は、広島市中区1114・0ミリ(平年の2・4倍)▽東広島市志和1020・0ミリ(2・2倍)▽岩国市羅漢山1450・5ミリ(2・4倍)―などと、平年の倍以上になった地点が続出。平年値の記録がある観測地点109カ所全てで平年値を超えた。

 約1カ月半にわたった今季の梅雨の期間は、西日本豪雨災害が起きた18年(約1カ月)を上回った。期間中の降水量も、広島市中区では18年(660・0ミリ)の1・7倍に達した。広島地方気象台は「今季は総雨量は多かったが、2年前に比べ、同じ地域に短時間で集中的に降ったケースが少なかった」としている。

 梅雨明け後は猛暑への警戒が必要だ。気象庁によると、フィリピン周辺の海面水温が平年より高く、積乱雲が発生しやすい影響で、8月は太平洋高気圧とチベット高気圧が同時に日本付近に張り出してくる可能性があるという。同庁は「二つの高気圧が重なったら猛暑になる」とみる。同気象台は、8月1日から6日ごろにかけて最高気温が35度以上の猛暑日になる地域があると予報。9月の気温も平年より高い見込みという。(藤田龍治)

 【関連記事】
 東広島で裏山崩れ2人死亡 中国地方豪雨、島根で江の川氾濫【動画】

 下流域バックウオーター、5カ所以上で発生か 江の川氾濫1週間

 日照不足、世羅の農業に打撃 コロナ禍に加え病気や収量減

 【特集】西日本豪雨2年


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • ブラックホール停止の原因解明 東京大・筑波大・尾道市立大チーム発表 (1/26)

     宇宙の多くの銀河の中心にある「超巨大ブラックホール」は、他の銀河との衝突で活性化するだけでなく、中心部と衝突すれば活動が止まるとの研究結果を、東京大、筑波大、尾道市立大の研究チームが26日付の英科学...

  • 廿日市で民家全焼、住人が不明 (1/25)

     25日午後6時20分ごろ、廿日市市の無職男性(79)方から出火、平屋の家屋や、小屋など計約210平方メートルを全焼した。廿日市署や市消防本部によると、1人暮らしの男性と連絡が取れていない。近くの住民...

  • 石橋氏、広島3区支部長「内定」どまり 自民 (1/25)

     自民党は25日、衆院広島3区の新たな支部長に、党広島県連が次の衆院選で擁立を目指す新人で県議の石橋林太郎氏(42)を内定した。広島3区は公選法違反罪で公判中の河井克行元法相(57)=自民党を離党=の...

  • 広島3区「公明に譲り比例へ」勘ぐる声 自民県連 (1/25)

     与党分裂の可能性が出ている次の衆院選広島3区で、自民党広島県連が党本部に求めてきた石橋林太郎氏の党支部長への就任は、25日時点で「内定」にとどまった。「決定」を期待していた党県連内には一歩前進との受...

  • 「女性になりたい」…法の壁は高く【虹色のあしたへ 性的少数者と社会】<1> (1/25)

     「女性になりたい」。広島県内に住む30代会社員ハルさん(仮名)は、妻に静かに切り出した。妻は顔色を変え、なじった。「うそつき。私は男性と結婚したんだよ」。2人の間には3人の子どもがいる。その子たちに...