• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県感染者、300人超す 「第1波」超す公算大 広島市4人、呉市3人、府中町1人【動画】

トピックス

広島県感染者、300人超す 「第1波」超す公算大 広島市4人、呉市3人、府中町1人【動画】

2020/7/30 23:03

広島市役所で記者会見する阪谷幸春・保健医療担当局長(左)

 広島県と広島市、呉市は30日、新たに計8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。再陽性を除く感染者の累計は県内で306人となり、中国地方5県で初めて300人台に乗った。このうち、約2カ月ぶりに感染が公表された今月1日以降が46・4%の142人を占める。感染再拡大の波が「第1波」を上回る公算が大きくなっている。

 【グラフで見る】新型コロナウイルスの影響

 8人の公表主体別は、県1人、広島市4人、呉市3人。県の1人は府中町の30代で、28日に熱などを発症し、29日の検査で陽性が判明した。市町別の累計は広島市が185人、呉市と府中町が各5人となった。

 県庁で記者会見した田中剛健康福祉局長は「全国で行動制限をしておらず、一定程度出るのは致し方ない」と分析。行動制限を県民に再び求めるかどうかについては「外出自粛など制限の大きいものは避ける」と説明した。

 広島市の4人のうち会社員男性1人は、25日にクラスター(感染者集団)の発生を認定した接待を伴う飲食店「Ams(アムズ)」(中区銀山町、18日に閉店)を16日に訪れていた。23日に味覚や嗅覚の異常が出て、29日の検査で陽性となった。このクラスターの感染者は計21人となった。

 23日に市内のライブハウスであった音楽イベントの参加者関連では、29日に感染を公表した50代の会社員女性の濃厚接触者1人が陽性と判明した。家族の30代男性で、東京から広島の実家に戻った20日に熱やせきが出たという。28日公表の感染者13人のうち1人が、音楽イベントに参加していたことも明らかにした。

 呉市は市内在住の20代、40代、60代の3人の感染を発表した。性別や職業は非公表で、31日に記者会見を開いて概要を説明するという。市は「感染の疑いがあると感じた場合は、速やかにかかりつけ医などに連絡してほしい」と訴えた。(新山創、宮野史康、杉原和磨) 

 【関連記事】
 広島市のクラスター20人に 市が店名公表、名簿で客追えず(7月29日)

 広島県内、新たに17人感染 広島13人、呉1人、福山3人(7月29日)

 マツダが感染対策強化 従業員のコロナ確認 部品メーカーも警戒


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧