• トップ >
  • 中国新聞SELECT >
  • 【高校人国記】日彰館高校(三次市)<4>影絵の伝統復活 卒業生らが挑む

中国新聞SELECT

【高校人国記】日彰館高校(三次市)<4>影絵の伝統復活 卒業生らが挑む

2020/7/31
日彰館高校は、かつて三次―尾道間の物資の集散地として栄えた吉舎町に誕生した。手前が馬洗川

日彰館高校は、かつて三次―尾道間の物資の集散地として栄えた吉舎町に誕生した。手前が馬洗川

 かつて母校にあり、地域でも上演されていた影絵クラブの伝統復活に、卒業生たちが取り組んでいる。代表を務めるのは、きさ商工支援センター(三次市)事務局長の松村紘二郎(75)。元部員を中心にメンバーは7人。練習を重ね、来春の再演を目指す。

 ロング先生の家で人形作り。貴重な財産に
(ここまで 137文字/記事全文 1882文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • かつての影絵クラブマニュアルを手に、伝統復活を目指す松村紘二郎
  • 熊原保
  • 信恵勝彦
  • 池田昌隆
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

中国新聞SELECTの最新記事
一覧