地域ニュース

【#輪になれ広島】収束・鎮魂、大輪に願う 三次で6日「一玉花火」復活

2020/7/31 10:08
打ち上げ予定地近くで、一玉花火の復活を心待ちにする花本事務局長(右)たち

打ち上げ予定地近くで、一玉花火の復活を心待ちにする花本事務局長(右)たち

 三次市観光協会は8月6日午後8時、同市三次町の馬洗川、西城川合流点付近で「一玉花火」を打ち上げる。1921年に同町の住民が水運の安全を願って1発の花火を打ち上げた逸話にちなむ。新型コロナウイルスの収束や戦争死没者の鎮魂の思いを込め、直径12センチの4号玉を1発、夜空に放つ。
(ここまで 138文字/記事全文 433文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧