• トップ >
  • トピックス >
  • ボートレース宮島でクラスター、選手6人感染 広島県発表 31日は県内19人確認

トピックス

ボートレース宮島でクラスター、選手6人感染 広島県発表 31日は県内19人確認

2020/7/31 23:50

ボートレース宮島

 広島県は31日、廿日市市の「ボートレース宮島」で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したと明らかにした。これまでに県内外のボートレース選手計6人の感染を確認。検査対象は、選手や関係者ら少なくとも計約110人に上る。ボートレース宮島は、10日まで大会や場外販売を中止する。

 県がこの日、感染を確認したのは廿日市市の20代の選手。症状はない。30日に感染を発表した府中町の30代1人の濃厚接触者。この30代と、31日までに公表された広島、呉市の2人が選手だったことを明らかにした。県外では、群馬県高崎市の選手2人も感染の確認をしたという。

 広島県によると、感染した6人を含む選手約50人は7月21〜27日、ボートレース宮島での大会のために集まり、専用の宿泊施設に滞在。レースや練習をともにしていた。うち県内在住の選手11人は、27日夜に会食していた。職員たちと接触しているが、来場者とは区別されたエリアで生活していたという。

 宮島ボートレース企業団経営管理課の上田圭一課長は「マスクや検温などの基本的対策はしていた。状況を分析し、どのような対策ができるか検討したい」と話した。

 31日は県と広島、呉、福山各市が、新たに計19人が感染したと発表した。7月の県内の感染公表者数は161人となり、最初に感染が拡大した4月(149人)を上回った。再陽性を除く県内の感染者の累計は325人になった。

関連記事「広島市の新たな感染者12人 飲食店クラスター22人、新型コロナ」

関連記事「放課後児童クラブの指導員が新型コロナ感染 安佐南区」

関連記事「広島県感染者、300人超す 「第1波」超す公算大 広島市4人、呉市3人、府中町1人」

関連記事「広島市のクラスター20人に 市が店名公表、名簿で客追えず 新型コロナ」

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧