中国新聞SELECT

【川島宏治のプラス1】ちから(広島市中区)社長 小林正記さん

2020/8/1
小林正記さん

小林正記さん

 広島市で創業して85年。ちからは、うどんの店として地域で抜群の知名度を誇っている。社長の小林正記さん(64)は保険会社を定年退職後、兄で現会長の広典さん(66)からトップを昨年引き継いだ。地元で長く愛されているのは、「昔と変わらない味を守ってきた姿勢が評価されているのだと思う」と分析する。
(ここまで 146文字/記事全文 2262文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • だしや人気メニューを話題に、川島さん(手前)とうどん談義を繰り広げる小林さん(広島市中区のちから本店)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

中国新聞SELECTの最新記事
一覧