トピックス

広島県、同意得ず施設公表へ コロナ対応、追跡困難な場合

2020/8/1 0:06

広島県庁

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、広島県は31日、施設で感染者が出て接触者の追跡が困難な場合、同意がなくても施設名を公表する方針を示した。感染症法に基づく対応。飲食店でのクラスター(感染者集団)を通じて感染が広がっているのを踏まえた。

 内容を見直して8月1日から適用する県の対応方針に位置付けた。施設名の公表は、不特定多数が感染したケースなどを想定する。県などが業種ごとに示したガイドラインに沿った感染防止対策ができていなかった施設は、名称と合わせて不十分な対策も公表する。

 イベントの開催条件については、参加人数が5千人以下かつ屋内では定員の半数以下という現行の対応を8月31日まで延ばす。国の方針に沿ったとしている。

 新たな対応方針は、湯崎英彦知事が記者会見して説明した。湯崎知事は、外出自粛や休業を要請する可能性について「医療が逼迫(ひっぱく)する状況にはない」として否定した。

 広島市がクラスターとした接待を伴う飲食店「Ams(アムズ)」(中区)が、県の「対策取組宣言店」だったことも明らかにした。「対策が実行されているかどうかを確認する仕組みも考える」と話した。(宮野史康)

関連記事「広島県の感染、50代以下にシフト 新型コロナ、県が6月30日以降と前を分析 経路不明者、2.7倍に」

関連記事「広島県が感染者情報5項目公表 年代や居住地など」

関連記事「情報限定公表、理解を求める 新型コロナ、記者会見で広島知事」

関連記事「ホテル150室を新規借り上げ 新型コロナ、広島県8月1日から」


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧