地域ニュース

硫化水素死亡事故、接続部から流入と結論 岩国市、工事再開へ

2020/8/1

 岩国市門前町の下水道工事現場で5月に作業員1人が急性硫化水素中毒による肺水腫で死亡した事故で、市は31日、事故の経過報告をまとめた。立て坑と下水管の接続部付近から地下水とともに硫化水素が充満したことが原因と結論付けた。安全対策をした上で工事を再開するとしている。
(ここまで 132文字/記事全文 483文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

防災の最新記事
一覧