地域ニュース

広島県被団協、初期の歩み 広島大文書館、資料原本500点確認

2020/8/3 23:01

 広島大文書館(東広島市)は3日、1956年に結成された広島県原爆被害者団体協議会の設立準備や、初期の活動状況を示す資料の原本を確認したと発表した。55年9月〜61年4月ごろに発信した文書の控えや理事会の記録、関係者の書簡など約500点があった。公開は9月末を予定している。
(ここまで 137文字/記事全文 643文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧