地域ニュース

被爆75年、平和な世界を オバマ氏や教皇ら、広島県にメッセージ

2020/8/4
広島県に届いたオバマ前大統領とローマ教皇フランシスコのメッセージ

広島県に届いたオバマ前大統領とローマ教皇フランシスコのメッセージ

 広島県は4日、被爆75年に合わせて、米国のオバマ前大統領とローマ教皇フランシスコからメッセージが届いたと発表した。それぞれ広島訪問の経験に触れ、平和な世界の実現を訴えている。県は、核兵器廃絶に向けた国際的な機運を高めようと、協力を依頼していた。2人を含む海外の著名人10人の思いを、ウェブサイト「国際平和拠点ひろしま」で紹介している。

 県によると、オバマ氏からはオバマ財団(米シカゴ)を通じて7月31日に国際郵便で受け取った。現職の米大統領として初めて果たした2016年の広島訪問で被爆者と対面した時を振り返り「彼らはいつも、私たちに訴えかけてきます。科学の進歩が、破壊するためではなく何かを築いていくために利用される平和な世界を希求することを、決して諦めてはならないのだと」と記している。

 19年に広島を訪れたローマ教皇からは7月27日に届いた。「平和と繁栄を築くためには全ての人々が核兵器を廃棄しなければならない」と強調している。

 ほかに、国連の潘基文(バンキムン)前事務総長は「今こそ世界は広島の声に耳を傾けるべきだ」、NGO(非政府組織)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN=アイキャン)のベアトリス・フィン事務局長は「次世代に核兵器の影響や被爆者の証言を伝え続けてほしい」と、それぞれ動画で訴えている。

 県は広島を訪れたり、平和施策で人脈を築いたりした著名人に対して6月半ばから、「被爆100年を展望し、広島に求められる役割」をテーマにメッセージを寄せるよう呼び掛けていた。湯崎英彦知事は「核兵器廃絶の実現に向けた強い思いを受け止め、国内外の多くの皆さんの行動につなげたい」と話している。(岡田浩平、宮野史康)

メッセージの日本語訳はこちら


関連記事「被爆75年、世界と向き合う 広島、6日原爆の日」

関連記事「【コロナ禍の8・6】平和を願い米から証言 広島大付属小とオンライン交流、「苦しみを知った」児童呼応」

関連記事「井上ひさし戯曲「父と暮せば」朗読劇、ネット配信へ 6、9日、東京の俳優ら初企画」

関連記事「広島県被団協、初期の歩み 広島大文書館、資料原本500点確認」


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧