地域ニュース

広島県環境保健協が災害時の給水袋 県に1080個

2020/8/5
給水袋の使い方を田中局長(右)に説明する佐藤理事長

給水袋の使い方を田中局長(右)に説明する佐藤理事長

 広島県環境保健協会(広島市中区)は4日、災害で断水した際、給水ポイントなどで水をくむ時に使う持ち運び式の給水袋1080個を県に贈った。
(ここまで 68文字/記事全文 248文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

防災の最新記事
一覧

  • 高津川減災へ流域治水探る 益田で協議会初会合 (9/20)

     島根県西部を流れる高津川について、堤防やダムなどハード整備だけでなく流域全体での治水対策を考える協議会の第1回会合が益田市役所であった。近年の水害の多発を受け、国土交通省が全国の1級河川ごとに設置。...

  • コロナ下の災害避難を紹介 笠岡市、チラシ配布し注意喚起 (9/19)

     笠岡市は、新型コロナウイルス禍の中での大雨など災害時の避難行動の流れを紹介したチラシを作製し、市内全約2万1千世帯に配った。マスク、消毒液の持参や避難前の手洗いなど、感染防止対策も呼び掛けている。

  • 三瓶山の火山灰56センチ 島根原発、対策強化の可能性 (9/19)

     中国電力は18日、三瓶山(島根県)の噴火で島根原発(松江市)に積もる火山灰の厚さを56センチとする評価結果を原子力規制委員会の審査会合で示した。これまで最大の火山灰の厚さは大山(鳥取県)の45センチ...

  • 被災家屋解体、国の補助活用 江の川氾濫で江津市 (9/19)

     江津市は18日、7月の江の川の氾濫で被災した半壊以上の家屋を公費で解体する国の補助事業を2020年度一般会計補正予算案に計上し、開会中の市議会定例会に追加提案すると明らかにした。現時点で、4件の問い...

  • 中国地方、18日にかけ大雨の恐れ 気象台など注意呼び掛け (9/18)

     西日本に停滞している前線の影響で、中国地方では18日にかけて大雨になる恐れがあるとして、広島地方気象台などは17日、土砂災害や低い土地への浸水被害、河川の増水に十分注意するよう呼び掛けた。