トピックス

安倍首相、河井夫妻買収事件で「責任を痛感」【動画】

2020/8/6 20:42

 安倍晋三首相(自民党総裁)は6日、広島市中区で記者会見し、同党離党後に前法相の河井克行被告(57)=衆院広島3区=と妻の案里被告(46)=参院広島=が公選法違反の罪で起訴された大規模買収事件について「わが党所属だった現職国会議員の逮捕、起訴は誠に残念」と重ねて陳謝した。

 首相は「かつて法相に任命した者として責任を痛感している」と述べた上で、「国民から厳しいまなざしが注がれていることを意識し、さまざまな批判を真摯に受け止めながら、緊張感を持って政権運営に当たる」と従来と同様の説明を繰り返した。

 一方、自民党と連立を組む公明党の山口那津男代表はこの日、中区での記者会見で、両被告について「説明責任を果たしておらず遺憾だ。法を曲げた選挙をした事実が裁判で明らかになれば、議員にとどまる資格はない」と批判した。

 案里被告が初当選した昨年7月の参院選広島選挙区を巡り、検察当局は7月8日、両被告が選挙区内の地方議員や首長ら100人に票の取りまとめなどを依頼し、報酬として計約2901万円を渡したとして公選法違反(買収など)の罪で起訴した。公示前、自民党本部から両被告の党支部に1億5千万円が提供されていた。使途に関する党本部の説明は二転三転し、詳細は示されていない。(和多正憲、赤江裕紀)

関連記事「河井夫妻への辞職要求 現時点で対応せず 二階氏」

関連記事「河井夫妻離党1カ月 二階派に党内不満、案里被告特別会員で所属したまま」

関連記事「自民党広島県連、9月に大会 5カ月遅れ、買収事件の総括が焦点」

関連記事「河井前法相夫妻に歳費「理解得られぬ」 公明・斉藤氏、辞職を要求」

関連記事「政治家夫妻ひとときの「絶頂」 克行被告、参院選後に初入閣」


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧