地域ニュース

篆刻印って面白いな 岩国で制作体験、児童15人が挑戦

2020/8/7 16:01
大石会長(左)から篆刻印の彫り方を学ぶ参加者

大石会長(左)から篆刻印の彫り方を学ぶ参加者

 書画などに押す印章、篆刻(てんこく)印の制作体験が6日、岩国市岩国の市中央公民館であった。市内の小学生15人が参加し、江戸時代から伝わる文化を学んだ。

 市内で篆刻教室などを開いている岩国篆刻会の大石紗蓼(さりょう)会長(70)が石への文字の彫り方を説明。日本に篆刻を伝えた中国の僧独立性易(どくりゅうしょうえき)が、錦帯橋創建のヒントをもたらしたとされることなど、地元とのゆかりも紹介した。
(ここまで 196文字/記事全文 390文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧