地域ニュース

三次ワイナリーで仕込み作業 10月下旬に初出荷

2020/8/8 19:37
破砕機にピオーネを入れる広島三次ワイナリーの従業員

破砕機にピオーネを入れる広島三次ワイナリーの従業員

 12品種のブドウでワインを製造する広島三次ワイナリー(三次市東酒屋町)が、ことし収穫されたブドウを使った仕込み作業に取り組んでいる。三次ピオーネ生産組合(同)が出荷したハウス栽培のピオーネを使い、10月下旬の初出荷を目指して醸造する。

 仕込み作業は7日に開始。初日はピオーネ約2・5トンを破砕機に入れ、圧搾機で果汁を搾った。糖度は17度。12度前後の温度に保った貯蔵タンクで約2週間発酵させた後、熟成を進める。新酒は「ピオーネヌーボー」として赤、白、ロゼの3種類を販売する。

 今後は、マスカット・べーリーAやシャルドネなどの品種の醸造が盛んになる。2020年産ブドウ約120トンから12万本を製造する見込み。太田直幸醸造長は「長梅雨の天候不順で厳しい生産環境だったが、高品質のワインを送り出したい」と意気込む。(石川昌義)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧