• トップ >
  • トピックス >
  • 庄原の50代県立学校教職員が感染 広島県内計6人確認、新型コロナ

トピックス

庄原の50代県立学校教職員が感染 広島県内計6人確認、新型コロナ

2020/8/8 23:14

 広島県と広島、呉、福山市は8日、新型コロナウイルスに新たに計6人が感染したと発表した。県内の感染者の公表は30日連続。

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数


 県によると、庄原市の50代の県立学校教職員の感染が確認された。庄原市での感染者は初めて。

 県教委は8日夜の記者会見で、県東部の県立学校の教職員と公表し、感染が疑われる生徒約80人と教職員18人のPCR検査をする考えを示した。学校の所在地は、同市内かどうかを含めて明かさなかった。

 県と県教委によると、教職員は7月31日夜に発熱やせき、だるさの症状が出たが、落ち着いたとして8月2日は勤務。4日は出勤直後に発熱が分かり、帰宅した。8日にPCR検査で陽性の結果が出た。現時点では、他の感染者の事例との関連はなく、県外との往来もないという。

 県教委は教室などを消毒する。管理部は「生徒や保護者に不安を与えないよう、きちんと対応したい」としている。

 広島市の1人は30代で、県がクラスター(感染者集団)とした廿日市市の「ボートレース宮島」関係の感染者が利用した広島市内の接待を伴う飲食店の利用者だった。症状はない。もう1人は50代で肺炎などやや重い症状がある。

 福山市の1人は20代の飲食業女性で、6日に鼻づまりがあった。別の1人は30代の会社員男性で、5日に感染を確認したいずれも20代の会社員男性2人の濃厚接触者。無症状という。

 呉市の1人は20代で軽症。市は9日に記者会見を開き、感染の経緯などを説明する。

 再陽性を除く感染者の累計は広島県内で398人となった。 

関連記事「広島市で路線バス運転士感染 福山・海田の30代も 7日の新型コロナ、県内392人」

関連記事「広島県内7人感染 山口県4人、岡山県2人、鳥取県2人 新型コロナ」

関連記事「広島県府中町で10歳未満の感染確認 新型コロナ」

関連記事「飛び立つ前に自分で検温 広島空港にサーモグラフィー」

関連記事「交通事業者向け支援金 広島県方針「3密」回避に助成も」


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧