地域ニュース

呉の軍艦矢矧、悲劇を調査 100年前のスペイン風邪で乗員48人死亡

2020/8/9 9:59
矢矧の殉職者慰霊碑を訪ねた本名さん。悲劇を教訓へ生かす研究に励む

矢矧の殉職者慰霊碑を訪ねた本名さん。悲劇を教訓へ生かす研究に励む

 約100年前、呉を母港とする軍艦矢矧(やはぎ)がインフルエンザ「スペイン風邪」の世界的流行に巻き込まれた悲劇から、新型コロナウイルスに立ち向かうヒントが得られないか―。海上自衛隊幹部学校(東京)戦史統率研究室に所属する本名(ほんみょう)龍児さん(44)=1等海佐、広島市南区出身=が、そんな思いに駆られて調査研究を重ねている。同学校のホームページ(HP)で成果を次々と発信している。

 「洋上での集団生活を基本とする海自の活動が、集団感染のリスクを抱え込んでいることは矢矧の時代と変わらない。『過去からの警鐘』を生かしたい」。研究の狙いを本名さんは端的に語る。

 矢矧は旧日本海軍初期の軽巡洋艦。1918(大正7)年秋にシンガポールに寄港した後、艦内でスペイン風邪の集団感染が起き、乗員の1割を超える48人が死亡する惨事を招いた。呉市上長迫町の長迫公園(旧呉海軍墓地)には殉職者の慰霊碑がある。
(ここまで 396文字/記事全文 864文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧