• トップ >
  • トピックス >
  • 三原・安芸高田市長選、投票進む 三原の投票率は午後5時現在で前回上回る

トピックス

三原・安芸高田市長選、投票進む 三原の投票率は午後5時現在で前回上回る

2020/8/9 18:24

三原市役所(右)と安芸高田市役所

 昨年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、前法相の河井克行被告(57)=衆院広島3区=から現金を受け取ったと認めて前市長が辞職したのに伴う三原、安芸高田の両市長選は9日、投票が進んでいる。

 三原市選管がまとめた推定投票率は、午後5時現在で38・38%。2017年4月の前回選の同時刻と比べて4・08ポイント高い。

 安芸高田市選管がまとめた推定投票率は、午後3時現在で25・44%。直近で選挙戦となった16年4月の市長選を8・22ポイント下回っている。

 三原市長選は、元市消防職員の角広寛氏(61)、教育団体代表の岡田吉弘氏(35)=自民推薦、元市議の荒井静彦氏(68)、イベント企画会社社長の藤岡輝久氏(50)の無所属新人4人の争い。安芸高田市長選は、前副市長の竹本峰昭氏(66)と元銀行員の石丸伸二氏(37)の無所属新人2人が立っている。

 【関連記事】
 河井前法相夫妻を起訴 100人に2901万円買収の罪 克行被告が「総括主宰者」

 三原市長が辞職、克行容疑者から現金受領

 弁解矛盾、最後まで 三原市長、うそ認めず

 安芸高田市長が辞職表明 現金受領、首長3人目

 安芸高田市長に抗議殺到、克行容疑者から60万円受け取りも続投表明


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧