• トップ >
  • トピックス >
  • 松江の高校クラスター「迅速に調査」 島根知事が会見 益田の男性、東京で感染か【動画】

トピックス

松江の高校クラスター「迅速に調査」 島根知事が会見 益田の男性、東京で感染か【動画】

2020/8/10 18:17

松江市での大規模なクラスターと、島根県西部で初めてとなる感染の確認について説明する丸山知事

 松江市で9日判明した立正大淞南高サッカー部に関わる大規模クラスター(感染者集団)について、島根県の丸山達也知事は10日夕の記者会見で、感染者の行動歴の調査や、ほかの生徒のPCR検査を進めているとし、「調査を迅速に進めることで、これ以上の広がりを抑えていく」と述べた。

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数

 学校の寮での大規模な感染拡大には「重く受け止めなければいけない」と強調。最初に感染の分かった男子生徒の発症が5日、続けて判明したサッカー部員86人のうち6日に19人が発熱している点を挙げ、「学校側が6日時点で感染が広がったと疑うことができなかったかどうかを検証し、改善をしていただきたい」と述べ、再発防止策を求めた。男子生徒は、8日のPCR検査で陽性が確認されている。

 また、県西部で初めての感染確認となった益田市の40代の会社員男性についても説明した。県内で感染確認された123人目。4日から7日まで東京都に、8日は広島県に滞在した。7日に咳や息苦しさがあり、9日に発熱したため保健所に相談。PCR検査で陽性が判明したという。

 丸山知事は「東京滞在中の感染が疑われる」として、感染の相次ぐ県東部からの拡大ではなく、個別の感染を抑えていくとした。 

 【関連記事】
 集団感染サッカー部、県外遠征も 立正大淞南高、隣県や近畿など

 松江の立正大淞南高でクラスターか91人感染 生徒80人サッカー部の寮住まい


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧