地域ニュース

安芸高田市の石丸新市長「課題は山積」 市民ら活性化望む声

2020/8/10 18:53
加藤委員長(左)から当選証書を受け取る石丸新市長

加藤委員長(左)から当選証書を受け取る石丸新市長

 9日に投開票された安芸高田市長選で初当選した元銀行員の石丸伸二新市長(37)が10日、市選管から当選証書を受け取り、市政のかじ取り役としての決意を新たにした。市民からは新しいリーダーへの期待や、地域活性化に向けた施策を求める声が上がった。

 市長選は、昨年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で現金受領を認めた児玉浩前市長(57)が辞職したのを受けて行われ、無所属新人同士の一騎打ちとなった。石丸氏は前副市長の竹本峰昭氏(66)を破り、9日付で市長に就任した。

 石丸市長は10日、吉田町の事務所で、当選を伝える新聞に目を通し、訪れた市民から激励を受けた。続いて、吉田町のクリスタルアージョであった当選証書付与式で、市選管の加藤学委員長から当選証書を受け取った。石丸市長はその後の取材で「取り組むべき課題は山積している。固定観念にとらわれずに政策を考えていく」と決意を語った。


(ここまで 380文字/記事全文 821文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧