• トップ >
  • トピックス >
  • 買収事件巡り「政治とカネ」厳しい視線 三原・安芸高田市長選出口調査

トピックス

買収事件巡り「政治とカネ」厳しい視線 三原・安芸高田市長選出口調査

2020/8/10 23:10

 三原市で教育団体代表の岡田吉弘さん(35)=自民推薦、安芸高田市で元銀行員の石丸伸二さん(37)が新市長に選ばれた、9日投開票の二つの市長選。中国新聞社が両市の有権者計400人を対象にした出口調査では、昨年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で現金を受け取った首長や地方議員について、全員の立件を求める回答が約半数を占めるなど「政治とカネ」の問題への厳しい視線が浮かんだ。こうした民意が、ともに30代の民間出身者を当選へと押し上げた。

 【検察の方針】「被買収全員立件を」半数

 大規模買収事件では、三原市の天満祥典前市長(73)が計150万円を、安芸高田市の児玉浩前市長(57)が計60万円を、前法相の河井克行被告(57)=衆院広島3区=から受け取ったと認めて辞職した。関係者によると検察当局は、現金を受け取った被買収者である広島県内の首長と地方議員の計約40人について、現時点では立件を見送る方針だ。

 この方針をどう評価するかの問いに対し、「全員を立件するべきだ」とした人は三原市で46・0%、安芸高田市で50・0%と、いずれも最多だった。全員の立件を求めた人の投票先は、三原市で5割強が岡田さん、安芸高田市で6割強が石丸さんで、次点の候補者を大きく引き離した。

 「妥当だ」は三原市20・8%、安芸高田市22・0%。この回答者の投票先は岡田さんが6割弱に高まり、石丸さんは5割に下がった。現金を受け取ったとされる地方政治家は自民党所属が多く、党推薦を得た岡田さんと、そうではない石丸さんで、有権者の反応が異なった可能性がある。

 天満、児玉両前市長はともに、当初は否定していた現金の受け取りを一転して認め、それぞれ6月30日、7月3日に辞職した。一方で他市では、市議会に辞職を勧告されながら職を続けている市議もいる。「辞職しない人を立件するべきだ」は三原市15・6%、安芸高田市10・7%だった。

 投票先の決定で最も重視した政策や争点に「政治とカネ」を挙げたのは、ともに最多の26・0%だった。この回答者のうち5割強が岡田さんに、6割が石丸さんに1票を投じたとした。

 【事件の要因】「党資金」や「夫妻の資質」

 克行被告と妻の案里被告(46)=参院広島=による大規模買収事件が起きた最大の要因には、両市とも「自民党本部が提供した1億5千万円」と「河井夫妻の資質」が上位となった。ただその順番は異なった。

 参院選の公示前、河井夫妻が支部長を務める二つの自民党支部に、党本部から計1億5千万円の資金が入った。金額に法的な制限はないが、同様に党公認を得て落選した三原市が地盤の溝手顕正・元防災担当相(77)の10倍の金額だった。

 三原市では最多の35・6%が「党本部の1億5千万円」を選び、「河井夫妻の資質」が28・4%で続いた。逆に、克行被告の衆院広島3区内にある安芸高田市では、37・3%が「河井夫妻の資質」と答え、「党本部の1億5千万円」の34・7%を上回った。

 選挙制度そのものに問題意識を持ち、「選挙に金が掛かりすぎる仕組み」を選んだ人は、三原市で16・0%、安芸高田市で11・3%いた。「激戦となった参院選広島選挙区の構図」は三原市3・6%、安芸高田市6・7%と低かった。

 広島選挙区で案里被告に1票を投じたと答えた人の投票先は、三原市では岡田さんが7割弱で、次点の候補者を大きく引き離した。安芸高田市では石丸さんが5割強で、次点の候補者とほぼ分け合った。

 今、衆院選があった場合に比例代表でどの政党・党派に投票するかも問うた。ともに「自民党」がトップで、三原市36・8%、安芸高田市34・7%。ただ、ふだん支持している政党・党派を「自民党」としたのは三原市40・8%、安芸高田市49・3%だった。大規模買収事件が、次の衆院選の投票行動に影響する可能性があると示唆している。(野田華奈子)

 <出口調査の方法>有権者数や地域バランスを考慮して投票所を選び、投票を終えた有権者計400人(三原市250人、安芸高田市150人)を対象とした。タブレット端末を使い、(1)投票した候補者(2)投票先の決定で最も重視した政策や争点(3)大規模買収事件で現金を受け取った首長や地方議員の立件を見送るとの検察当局の方針の評価―など10項目に回答してもらった。男女別は三原市が男女とも125人、安芸高田市が男性73人、女性77人。回答割合は小数第2位を四捨五入したため、合計が100%にならない場合がある。

関連記事「【激震 2人の30代市長】<上>安芸高田市 連呼だけじゃ若者離れる」
関連記事「三原市の岡田新市長、副市長2人交代させる意向」
関連記事「安芸高田市の石丸新市長「課題は山積」 市民ら活性化望む声」
関連記事「三原市長に岡田氏 安芸高田市長に石丸氏初当選」


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧