トピックス

【速報】「黒い雨」訴訟、広島市と県が控訴方針

2020/8/11 19:19

広島市役所

 原爆投下後の「黒い雨」に国の援護対象区域外で遭い、健康被害を訴える広島県内の原告全84人に被爆者健康手帳を交付するよう広島市と県へ命じた7月29日の広島地裁判決で、被告の市と県が控訴する方針を決めたことが11日、分かった。

 複数の関係者によると、厚生労働省は広島地裁の判決について、市と県に控訴するよう要請。市と県は、援護対象区域の拡大を長年国に求めてきた立場から、控訴しない「政治判断」と被害者救済を強く求めていた。厚労省などとの協議を踏まえて、市と県が控訴方針を受け入れたという。

 厚労省は広島地裁の判決後、原告全員への被爆者健康手帳の交付は困難と説明。長崎原爆で国の指定地域外にいた「被爆体験者」を被爆者と認めなかった最高裁の2017年と19年の2度の判断や、健康被害を黒い雨の影響とする新たな科学的知見がない点を理由に挙げていた。

 被爆者健康手帳の交付は国からの法定受託事務。市と県は国の代わりに手帳の交付を担うため、今回の裁判では市と県が被告となった一方、制度設計に裁量の余地はない。

 【関連記事】
 「黒い雨」全面勝訴 84人全員を被爆者認定 広島地裁、初の司法判断

 市長は判決後、控訴しないよう厚労省に求めていた

 「黒い雨」訴訟、厚労省が控訴検討 「新たな知見ない」 広島市・県は救済要望

 「被爆者」として初の8・6、勝訴を慰霊碑へ報告

 被爆者、国の姿勢問う 首相出席の「被爆者代表から要望を聞く会」

 自民の岸田政調会長、「黒い雨」援護対象区域の拡大を

 公明の斉藤幹事長「原告側の訴えを国は認めるべきだ」


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧