• トップ >
  • トピックス >
  • 母と弟発熱、そして私も… コロナ感染、中国地方50代女性の体験<上>

トピックス

母と弟発熱、そして私も… コロナ感染、中国地方50代女性の体験<上>

2020/8/12

母親の感染が分かり、女性が実家の玄関に張り出した紙(女性提供)

 新型コロナウイルスに感染した中国地方の50代女性が中国新聞の取材に応じ、感染確認までの経緯や入院生活、退院後に一変した暮らしについて語った。三次市で4月に発生した広島県内初の新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)の関係者で、80代の母親と50代の弟も感染。不確かな情報に惑わされず、それぞれができることについて考えてほしいと訴える。

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数

 5月2日に広島市内の感染症指定医療機関を退院して約3カ月。ようやく県外の自宅に戻れた。振り返ってみると、新型コロナ感染を機に生活が一変した。

 最初に感染したのは、三次市内の実家で暮らす母親だった。ダウン症の弟との2人暮らし。私は定期的に帰省しては、2人の身の回りの世話をしていた。

 ▽看護師は防護服

 4月6日、母親が発熱したとの連絡を市内のデイサービス施設から受け、実家に戻った。熱が38度台まで上がり、車でかかりつけ医に向かった。駐車場で待たされ、車から降りることなく窓を少しだけ開け、インフルエンザの検査と血圧測定を受けた。看護師は防護服を着ていた。新型コロナが全国に広まっていた時期とはいえ、「何か変だ」と違和感を抱いたのを覚えている。

 8日に市内で初の感染者を確認したが、当初は、80代の訪問サービスの利用者女性としか分からず、母親の感染は全く考えていなかった。ところが翌日、担当のケアマネジャーからの電話に衝撃が走った。「(施設の利用者で)肺炎になったという人が(2人目の)新型コロナと分かった」。その前日には弟も発熱しており、「母親も弟も感染しているかもしれない」と直感した。頭の中が真っ白になった。

 母親は10日、市内の病院でPCR検査の検体を採取。夕方に陽性と分かった(県は12日未明、県内初のクラスター発生を発表。母親はその1人に含まれていた)。ただ、認知症がある母親のことを考え、当面は自宅で療養することにした。

 その日を境に、実家にこもる生活に変わった。近所の人には「私たちを見たら近寄らないで」と知らせた。話し好きの母親が外で立ち話をするのは避けたかった。玄関には張り紙もして、宅配の配達員が家族と接触しないようにした。

 ▽車内「3密」状態

 幸い近所に感染者が出ることはなく、中傷も受けなかった。ただ、弟が通う施設の関係者らしい人から電話が3度あり、「弟のせいで仕事がなくなった」と言われて怒りがこみ上げた。

 私と弟は、濃厚接触者として12日に検体採取のため病院を再訪。母親を1人で家に残せられず、3人が乗った車内は「3密」状態だった。病院の駐車場には他にも感染疑いの人たちが集まっており、検体採取は2時間待ち。時間を指定してくれればいいのにと思った。弟の感染はその日に判明した。

 母親の食欲が徐々になくなり、体調が悪化したため、14日、弟と一緒に県内の指定医療機関に入院した。人工心肺装置「ECMO(エクモ)」は一つしかなく、医師から突然判断を迫られた。「もし母親が重症になった時、つけますか。弟には」。驚いたが、とっさに決めないといけなかった。家族だから答えられることだった。

 このまま県外の自宅に戻るのはためらわれ、私も陽性かもと心配が募り始めた18日、発熱。味覚異常もあった。ご飯とみそ汁はまずく感じ、イチゴはおいしかった。翌日、PCR検査で陽性と判明し、救急車で広島市内の指定医療機関に運ばれた。肺炎の症状はなかったが、夜になると39度近くの熱で苦しんだ。

 新型コロナの治療薬候補とされたインフルエンザ薬「アビガン」を1日8〜18錠服用した。「このまま退院できないかもしれない」と不安だった。移動の自粛が呼び掛けられる中、県外に住むもう1人の弟に「母親と弟に何かあった時は帰ってくるように」と伝えておいた。(聞き手は小山顕)→中国地方50代女性の体験<下>はこちら 

【関連記事】

母の認知症悪化、生活一変 コロナ感染、中国地方50代女性の体験<下>

三次市でクラスター、23人感染確認 200人濃厚接触か

【インサイド】感染者対応ピンチ 三次でクラスター、「3密」危険性浮き彫り

広島県内、感染100人超す 3市でクラスター

中国地方で初の死者 新型コロナ、三次の80代女性


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧