• トップ >
  • トピックス >
  • 津田さん、電子書籍で「復活」 カープ元投手描いた「最後のストライク」

トピックス

津田さん、電子書籍で「復活」 カープ元投手描いた「最後のストライク」

2020/8/14

津田恒美さん(カープ元投手)

 「炎のストッパー」再び―。広島東洋カープの元投手津田恒美さんの闘病生活を記した妻晃代さんの著書「最後のストライク 津田恒美と生きた2年3カ月」が、このほど電子書籍化された。

 単行本は津田さんが亡くなって2年後の1995年に発刊。文庫化もされた。絶版となってからも晃代さんの元にはファンからの購入希望が寄せられ、津田さんが存命なら60歳の還暦を迎えていたことし、電子書籍での再販を決めたという。

 本の中では、夫との出会い、誰からも愛された津田さんの日常の姿、脳腫瘍と診断されてからの夫婦の闘いを克明に描いている。晃代さんは「プロ野球選手としての顔とは違う、一人の人間としても魅力ある津田恒美の姿がこの本を通じて伝わることを願っています」と話している。

 また、売り上げの一部は今年7月の熊本豪雨の義援金として寄付される。(友岡真彦)

【関連記事】

カープ70周年 あの日あの時 > <8> 1991年4月14日 津田ラストマウンド 闘志、今も受け継がれる

よみがえる熱球 アーカイブ編 > <81>津田恒美

カープドラフト史 > 第2部 <7> 1981年 「まさか」津田単独指名


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧