地域ニュース

13地点で今年の最高気温 山口県内、各地で猛暑日

2020/8/14
錦帯橋そばの錦川で水浴びをする子どもたち=14日午後3時55分、岩国市(撮影・坂本顕)

錦帯橋そばの錦川で水浴びをする子どもたち=14日午後3時55分、岩国市(撮影・坂本顕)

 山口県内は14日、太平洋高気圧に覆われ、各地で最高気温が35度を超える猛暑日となった。岩国市広瀬と山口市は37・6度、岩国市岩国で36・7度、防府市で36・0度となるなど、県内16観測地点のうち13地点で今年の最高気温を記録した。

 岩国市の錦帯橋そばの錦川では、子どもらが川に漬かったり、水を掛け合ったりして、暑さをしのいでいた。いとこら7人で訪れた同市黒磯町の幼稚園児米本一青ちゃん(5)は「冷たくて気持ちいい」とはしゃいでいた。

 県消防保安課によると、午後4時現在、光市の83歳女性ら県内の男女5人が熱中症の疑いで救急搬送された。下関地方気象台によると、今後1週間程度は厳しい暑さが続き、各地で猛暑日となるという。「小まめに水分補給をしてほしい」と注意を呼び掛けている。(坂本顕)

関連記事「中国地方、うだる暑さ 広島県内13地点で今夏最高」


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧