地域ニュース

平和の鐘、人間魚雷の記憶刻む 回天基地の島で集会

2020/8/15 16:55
力強く平和の鐘を突く家族連れ

力強く平和の鐘を突く家族連れ

 終戦の日の15日、旧日本軍の人間魚雷「回天」の訓練基地があった周南市の大津島で、平和を願い鐘を鳴らす集会があった。市民たち約80人が参加し、平和への思いを込めて鐘を突いた。

 【画像】VR「回天」の中のシーン

 回天記念館のそばにある「平和祈念の鐘」は、1943年に周防大島の沖合で爆沈した戦艦陸奥の砲身が鋳込まれている。参加者は力強い音を島に響かせ、戦争のない世の中を願った。先だって行われた集会では黙とうをささげ、全員で「すべての生命を大切にします」など6項目の平和宣言を読み上げた。

 徳山ユネスコ協会が主催し、ことしで20回目。原田茂会長(82)は「戦争をしてはならないとの強い思いを若い世代に伝えたい」。参加した同市の太華中3年三森華さん(15)は「回天の歴史や平和について考えるきっかけになった」と話した。(山本真帆)

【関連記事】

人間魚雷の非道さ訴え 周南の回天記念館、配属前整備員の手紙発見

最期の手紙 極限下、家族への思い

ネット公開、予定せず 「直接訪れて」

「回天」VRで再現 福山工高の計算技術研究部

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧