地域ニュース

「大田アナゴ」PRリーフレット 市など製作、料理提供の店紹介

2020/8/16 10:00
アナゴをPRするリーフレットやのぼりを紹介する沖事務局長(右)たち

アナゴをPRするリーフレットやのぼりを紹介する沖事務局長(右)たち

 大田市が全国有数の漁獲量を誇るアナゴをPRしようと、大田商工会議所と市はアナゴ料理を提供する飲食店や旅館を紹介するリーフレットを製作した。

 A3判カラー。市内22店舗が最も薦めるメニューの「穴子天ぷら丼」や「穴子白焼き」などを、写真付きで掲載した。島根県内の道の駅や市内の飲食店などに計4千部を配布。のぼりや店先に貼るステッカーも作った。事業費は約70万円。

 同会議所によると、島根県はアナゴの漁獲量が全国最多で、このうち約半数を大田市が占めている。2018年度は278トンで、市町村単位では全国4位。早朝に出漁し夕方には競りにかける「一日漁」で取られ、鮮度の良さや50センチ前後の大ぶりな身が特徴だという。沖和真事務局長(54)は「肉厚で食べ応えがあり、ビタミンAも豊富。アナゴで地域の活性化につなげたい」と話している。(下高充生)

 【関連記事】

 大田産アナゴをブランド化へ

 連載【漁】アナゴ編 <6> 大陸棚 島根県の漁獲量、全国一に

 アナゴ産地・大田、食べて知って 祭りで10品の料理提供
 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧