• トップ >
  • トピックス >
  • 河井前法相夫妻の初公判は25日 12月18日までに55回審理予定

トピックス

河井前法相夫妻の初公判は25日 12月18日までに55回審理予定

2020/8/17 13:25

河井案里被告(左)と克行被告

 東京地裁は17日、昨年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、公選法違反の罪で起訴された前法相の河井克行被告(57)=衆院広島3区=と、妻の案里被告(46)=参院広島=の初公判を25日午前10時に開くと発表した。

 12月18日まで55回にわたって審理日程を指定。多いときで1週間に4回の期日が入るタイトな日程となっている。その後、検察側の論告求刑や弁護側の最終弁論を経て、判決が言い渡される見通しだ。

 関係者によると、夫妻は無罪を主張し、克行被告は検察当局が現金の配布先とされる地元議員らと違法な司法取引を行った疑いがあるとして、公判を打ち切る公訴棄却を求める方針という。

 公選法の規定で、公判は起訴から100日以内に判決を言い渡すよう努める「百日裁判」の対象。本来なら10月中旬が判決となるが、証人が多数に上ることなどから、7月8日の起訴から初公判まで1カ月半余りを要し、12月まで証拠調べに費やされることになった。

 克行被告は昨年3〜8月、案里被告を当選させる目的で100人に投票や票の取りまとめを依頼し、128回にわたって計約2901万円を渡した疑い。うち5人については、案里被告と共謀して同3〜6月に計170万円を渡した疑い。

【関連記事】

河井前法相夫妻の2度目の保釈請求却下

【激震 前法相夫妻起訴】市民団体、被買収の全100人告発へ

買収事件、受領者全員刑事処分せず 検察当局方針

買収事件巡り「政治とカネ」厳しい視線 三原・安芸高田市長選出口調査

【まとめ】河井克行・案里夫妻 買収事件


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧