地域ニュース

【#輪になれ広島】温井ダム壁面、青く照らし医療従事者へ感謝 広島県安芸太田町の加計高

2020/8/17 16:40
加計高の生徒有志たちが温井ダムに映したメッセージ

加計高の生徒有志たちが温井ダムに映したメッセージ

 広島県安芸太田町の加計高が16日夜、新型コロナウイルスの対応に当たる医療従事者へ感謝の思いを伝えようと、同町の温井ダムをライトアップした。高さ156メートル、長さ382メートルのダム壁面をスクリーン代わりに、生徒たちが考えたメッセージを映した。

 「頑張ってください!」「皆さんに深く感謝」など、生徒や町民から集めた医療従事者へのメッセージを、生徒有志や保護者たち15人がダム下部から投映した。周辺は、投光器を使って青く照らした。

 同高の生徒有志たちは6月、校舎を使って医療従事者への思いを伝えるライトアップをした。その後、校外でも同様の取り組みをしようと企画。同ダム管理所の了解を得た上で、プロジェクターを企業から借りて実施した。メッセージは町内の店などで募った。

 当日の様子は、同高ツイッターで公開している。1年久保日向太さん(15)は「多くの方の協力で実現できた。医療現場で働く皆さんへ感謝の気持ちが伝わってほしい」と話していた。(山田太一) 

【関連記事】

コロナ退散、疫神社に絵馬奉納 大竹市暴追協など

折り鶴で「ありがとう」 東広島・河内高生ら、医療従事者へ

地域医療の現状、現場医師に学ぶ 庄原格致高

ユニーク手作りかかし、農家へ 光の室積小、医療従事者やアマビエ

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧