トピックス

広島県内39日ぶりに公表ゼロ 新型コロナ感染

2020/8/17 21:54

広島県庁

 広島県内では17日、新型コロナウイルスの新たな感染者の発表がなかった。感染者の公表ゼロは、7月9日以来39日ぶり。同月10日〜8月16日の累計の感染者数は再陽性を除くと264人で、「第1波」を上回り、全体の61・3%を占めている。

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数

 県健康対策課は「ここ数日は感染者は減少傾向にあるが、お盆休みの影響を見極める必要がある。基本的な感染予防策を徹底し、県外に移動する場合はリスクの高い施設の利用を控えてほしい」と呼び掛ける。

 前日の16日には広島市で新たに2人の感染が判明。1人は20代で、8日に発熱や味覚の異常を発症し、PCR検査で15日に陽性を確認した。もう1人も20代で、10日に熱やせきが出て抗原検査で15日に陽性と分かった。いずれも軽症で、発症前2週間に海外や広島県外への往来はなかった。

 一方、市が13日に感染を公表した70代の部活動指導員が発症前に運動部を指導した同市東区の2校と安佐南区の1校の市立中学校は17日、授業や部活動を再開した。

 市教委によると、指導を受けた生徒94人と、接触した教員1人の計95人のうち93人がPCR検査で陰性だった。残る生徒2人は、市外にいて15日までに検査できておらず、結果が判明するまで自宅待機してもらうという。(宮野史康、水川恭輔) 

【関連記事】

【インサイド】立正大淞南高クラスター、寮生活の管理に難しさ 密の回避、徹底不可欠

家庭や学校で基本対策徹底を 高校クラスター、集団での注意点指摘

修学旅行、中止か山口県内か コロナ再拡大で中学、各市町教委が見直し要請

2学期分12月配布も 備後4市2町、通知表対応さまざま

子どもの夏、様変わり 学校現場は熱中症対策


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧