トピックス

障害者、59歳も受験可 山口県職員、年齢制限を大幅緩和

2020/8/17 23:01

山口県庁

 山口県人事委員会は、11月に行う障害者向けの県職員採用試験の受験資格について年齢の上限を59歳(来年4月1日現在)に見直す。現行の29歳から大幅な引き上げとなる。昨年6月施行の改正障害者雇用促進法を受けた措置。厚生労働省は全国の自治体でも珍しいとしている。

 採用予定人数は行政事務が4人程度、警察事務と小・中学校事務が各1人程度。1961年4月2日〜2003年4月1日に生まれ、身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持っている人が対象。出題は活字か点字、音声機器から選択できるが、小・中学校事務は活字での出題に限られる。定年は従来通り60歳のまま。

 任用・審査班の熊崎ミサ班長は「地方自治体に障害者の率先雇用を求める法改正を受け、より多くの人に受験してもらえるよう見直した」と説明。県は社会人採用の試験でも年齢上限を59歳に引き上げている。

 中国地方の他の4県の障害者採用試験の年齢上限は、広島と岡山が30歳、島根が32歳、鳥取が35歳。国家公務員では人事院が法改正に先立つ18年度の実施分から59歳に引き上げている。(門脇正樹)

【関連記事】

障害者解雇、コロナで16%増加 2〜6月に1104人

障害者雇用率が改善 広島県教委

A型の障害者就労 半数が赤字


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • 【速報】柳井市長に井原氏4選 下村氏及ばず (2/28)

     柳井市長選は28日投開票され、無所属現職の井原健太郎氏(46)が、無所属新人の下村太郎氏(38)を破り、4選を果たした。 井原氏は、長年の懸案だった市中心部の遊休地への相次ぐ企業誘致など実績を強調。...

  • 柳井市長選、実績訴え井原さん 「企業誘致 成果を波及」 (2/28)

     28日投開票された柳井市長選は無所属現職の井原健太郎さん(46)が、無所属新人の下村太郎さん(38)を退け、4選を決めた。新人が変革を訴える中、企業誘致などの成果をまちづくりに生かす「市政継続」を訴...

  • 批判の声にどう向き合う【柳井市長選解説】 (2/28)

     柳井市長選で市民は、企業誘致など現職井原健太郎氏の3期12年の実績を評価し、継続を望んだ。ただ、市民の賛否が割れる旧柳井商高跡地への複合図書館建設にはほぼ触れず、議論が深まったとはいえない。投票結果...

  • 平井氏と平岡氏、柳井市議補選で当選 (2/28)

     柳井市議補選(2人)は28日投開票され、いずれも無所属で元職の保護司平井保彦氏(63)と、新人の元会社員平岡実千男氏(49)が当選した。市議の辞職と死亡に伴い、市長選と同日程で実施され3人が立候補し...

  • 自民広島県連が西田氏選対会議 信頼回復誓う【再選挙4・25 参院広島】 (2/28)

     河井案里元参院議員の当選無効に伴う参院広島選挙区の再選挙(4月8日告示、25日投開票)で、自民党広島県連は28日、党公認で擁立する新人で元経済産業省官僚の西田英範氏(39)の選挙対策会議を広島市中区...